ホーム>コラム>健康な髪の毛のために>誰も教えてくれなかった!?ダメージを抑える正しい髪の洗い方
健康な髪の毛のために
誰も教えてくれなかった!?ダメージを抑える正しい髪の洗い方

健康な髪の毛のために

誰も教えてくれなかった!?ダメージを抑える正しい髪の洗い方

シャンプーは頭皮、髪の毛を健やかに保たせるために大切なことです。 「シャンプー」とは”頭皮を洗う”という意味な…

シャンプーは頭皮、髪の毛を健やかに保たせるために大切なことです。

誰も教えてくれなかった!?ダメージを抑える正しい髪の洗い方

「シャンプー」とは”頭皮を洗う”という意味なんです。

ひまわりではどんな施術前にもこのシャンプーエステはとても重要なポイントで、
もちろんホームケアの時にも毎日のことなのでとても大切なケアになります。

1.シャンプー剤を付ける前のお湯洗い!!

ただシャンプー剤の泡を立たせるためだけに髪の毛だけを濡らすというのはナンセンス!
まず髪の毛1本1本にしっかりとお湯(水分)を含ませるように根元から毛先まで全体に濡らしていきます。
(手をお椀のように使って水を手のひらにためながらジャブジャブと・・・)
傷みのある髪質もしっかりと髪に水分が含まれるとゆすいでいると重みが出来て、指が通りやすくなります。

2.髪全体が濡らせれたら、次は頭皮の毛穴1つ1つにお湯で含ませていきます。

指の腹を使って丁寧に地肌(頭皮)にジャブジャブかけていきます。

3.頭皮をこすっていくと、脂汚れが浮いてきます。

本来人間の皮脂汚れはお湯洗いをしてあげるとほとんど落ちてくれるのです。
しばらくシャワーを流しながら、マッサージするように頭皮をこすっていくと、手にベタベタした感じがしてくるのでさらに全体に頭皮をこすりながらお湯洗いする。

4.シャンプー塗布。髪の毛よりも地肌につけていき、お湯を足しながら泡立てていく。

立てた泡を地肌にたたき込みながら、汚れをさらに浮かせていく。
この時にシュワシュワと泡が消えていくと、まだ汚れが取りきれてない xxxx

5.お湯洗いの時と同じように地肌を指の腹でこすりながら、泡を流していきます。

6.2回めのシャンプー

1回めと同じ地肌から泡立てをしていく。
1回目の泡立てよりも、きめの細かい泡が立っていきます。
また髪の毛にもなじませながら、頭皮にも叩きこむ。
しっかり泡を立てたら、髪の毛、頭をスッポリと包み込み、5~10分放置
そのまま流すよりも、しっとり感が出てくれる。

7.お流し

全体に泡を流したら、地肌全体を指の腹でこすりながら洗い流す。(髪の全体がキュッキュッとしてくる)

8.トリートメント塗布(5分くらい放置)

地肌から毛先までしっかりとなじませる
放置後、洗面器に8分目お湯を張り、そのお湯でジャブジャブチェンジングして終了。